ガメフェスについて


【企画コンセプト】

熊本県八代市に住む若者の音楽・アートを集結したイベントを、学生を中心にやろうと、市内の中学生・高校生・大学生が集結して実施する、学校の枠を越えた大文化祭企画です。

バンドやDJ等の音楽出演はもちろん、写真やイラスト等の展示や、コスプレなどのオタク文化も巻き込んでの総合アート祭。

その他、「若者の力を社会に生かすことで、世界を変えられる」・・・かもしれない、という思いから、さまざまなチャリティーや啓発活動の場としても考えています。

【企画タイトル】

GAME(がめ)は、妙見祭りでおなじみの「亀蛇(がめ)」をローマ字にしたもので、ゲームの意味とかけて、八代人が集まって、おもしろいことをみんなで楽しんでやろうという意味です。

【目的】

八代の地域活性化を、若者の賑わいとパワーから狙う。

また、若者の発表の場をつくることで、健全育成や世代間交流、異世代への理解を進めることができる。

「人が集う=地域力の向上 だからできることがある。」を基本に進めていく。

【会場(案)】 新八代駅 がめさん公園

 

【出演(案)】 バンド DJ ダンス スケボー BMX 演劇など

【展示(案)】 写真 イラスト 絵画 彫刻 陶芸

【出展(案)】 中・高の文化部作品 各企業ブースなど ※フリーマーケットスペースも設置

 

【チャリティー(案)】

麻薬撲滅運動 ピンクリボン活動 エイズ予防活動 東日本大震災被災者への募金
がめさん公園清掃活動(これは決定)

【後援依頼先(案)】

八代市(人権政策課-青少年室)(生涯学習課) / 八代市社会福祉協議会

八代警察署(地域課) / FMやつしろ / よかとこ宣伝隊 / JR九州

【実施主体】

ガメ・アート・フェスティバル実行委員会 ※八代市の高・短大・大学生を中心とした団体